東大温泉サークルOKR

代表挨拶

高舘 直稀

東京大学 2年

2015年に創設されたこのサークルは、今年で4年目になります。サークル創設時の先輩も引退なされ、これからは自分たちのカラーをより一層出していかなければなりません。

私がこの温泉に関するサークルに入ったのは、もちろん昔から温泉が好きだったからです。地元岩手県に住んでいた頃、祖父にしばしば温泉に連れて行ってもらいその経験が今の温泉好きにつながっているのだと思います。ただ今から考えるとまだ温泉の魅力について知ることができていたわけではないのだと感じます。このサークルに入り、多くのメンバーと温泉体験を共有する中で、温泉はただ入って気持ちいいと感じるだけのものではなく、様々な角度から楽しむことができるものなのだと実感しました。温泉の泉質にこだわるメンバー、温泉旅館の建物の作りや文化に興味を持つメンバーなど、個性豊かなメンバーに囲まれることで温泉の個性の見つけ方も人それぞれなのだとわかったのです。

私たちのサークルは「自らが温泉を楽しみ、その魅力を発信する」ことをモットーに活動しています。現在インバウンドや、都市部での温泉施設の増加により、一時期よりは温泉の利用客自体は増加しています。しかしながら私の経験に照らして、温泉にはもっと色々な楽しみ方があるのだということをみなさんに知っていただきたいと思っています。私自身、このサークルに入って自分がまだまだ温泉についての知識も体験も足りていないことを身に染みて感じました。だからこそ温泉について新たな体験をするごとに、ますます温泉の魅力を楽しむことができています。そういった体験をメンバー内外に提供する場としてサークルを運営していくことが、「温泉好きの輪を広げる」ことにつながっていくのではないかと考えています。

これからも、OKRとして温泉をもっと深く知り、もっと広くその魅力を発信できるよう努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。